きれいな体で

肥満女性

ダイエットでは、どんなに食事制限と運動を継続的に続けたとしても、どうしても体重が減らない期間というのが出てきます。
その期間は停滞期と言われていて、一度でもダイエットを成功させたことのある人であれば経験として知っていることですが、ダイエットをするのが初めてという場合、体重が減らないことに焦ってしまって、よりハードな食事制限を行ってしまい、結果として具合が悪くなってしまうということがあります。
なぜ順調に減っていた体重が途中で落ちなくなってしまうのかというと、カロリー摂取が少なくなったことに体が危機感を覚えて、少ないカロリーでも体重を維持しようとするからです。
つまり、体が一時的にサバイバル仕様になってしまうからです。

停滞期を乗り越える方法としては、停滞期がどれぐらいで終わるのかを把握しておくというのが一番いい方法です。
停滞期がどれぐらい続くのかは人によって違うので、まずは体重計で毎日体重を量り、グラフをつけるといいでしょう。
そうすると、いつもと同じカロリー制限、運動をしていたにもかかわらず、体重がまったく減らなかった期間が一目瞭然になるので、それが何日続いたのかを覚えておきましょう。
たとえば、一週間、体重がまったく減らない時期が続いたとしたら、次の停滞期も一週間前後は体重が変化しないと考えられます。
なので、焦らずに対応出来るわけです。
ただ、体重をかなり落として標準体重に近くなると、消費カロリーが減ってくるので今までの運動とカロリー制限では落ちなくなることもあります。
それは停滞期とは違うので、その場合はダイエットプログラムを組み直してみるといいでしょう。